世界旅行の途中で...


世界旅行のため日本を離れたのがついこの間のよう!ここロスアンジェルスで4人の子供に恵まれ、子育てしながら自分育ての一石二鳥?子育てと仕事とサーフィンと
by surfmama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

奈良裕之さん、コンサート@SMAP

皆さん、いかがお過ごしですか?

先週末、車を飛ばすこと2時間半。
サンディエゴにある自然学校・アウトドアー・アーティスト村, RANCHO DE LA LUNAに着くと、
奈良さんが作ったカレーが待っていた。スパイスだけで作った、
野菜や果物、こんにゃく、木の実などが入った、味は甘口と辛口の二種類。
ビーガン、奈良カレーの後は、奈良さんのコンサート。
「最初は、静寂をつくるので、目を閉じてください。」そして始まりました。
ち~ん、ち~ん。チベッタンベルかな?どらや太鼓、スピリットキャッチャ~、に笛。
いきなり風が吹いてきたと思ったら、奈良さんの口笛?ひゅ~~~~~、ひゅる、る~~~~~~。
一時間近くの演奏が終わった時に、「是非うちの保育園の子供たちにも聞かせてあげたい」というと、
「よく養護施設や、学校などで演奏します」と答えてくれました。

そして昨日、私のプロジェクターを貸していたこともあり、お寺の後、トーレンスのあるMiyako Hybrid Hotelへ行くと、
奈良さんは私の事を覚えていてくれて、なんと
「30日にニューヨークに行く前に時間があるから保育園のほうに行って演奏しましょうか?」と、言ってくれたのです。
そして、急遽決まった、奈良裕之コンサート@スマップ保育園
楽器を触らせてもらうことも出来ます。

Yuji Nara Concert

9/30(金)SMAP childcare 10:30pm - 12 noon
  2128 21st street
Santa Monica , CA 90405

     $20 (suggested donation)

是非、是非、お友達も誘って、奈良さんの音の癒しのパワーを体感してみて下さい!!
お子さん大歓迎です。

奈良裕之さんプロフィール

94年より世界の民族楽器による即興演奏を始める。ライフワークとして、多くの福祉施設・教育施設・病院などで演奏し、人々と深く交流している。
舞踏・詩・絵画・写真などとのコラボレーションや、アイヌ詩曲舞踊団「モシリ」との共演にて、日本列島スピリットツアーや、インドネシアでも演奏している。
ドキュメンタリー映画「地球交響曲ガイアシンフォニー第3番」出演のアラスカ先住民の語り部ボブ・サム氏と98年より各地で共演。
99年オーストラリア・ケアンズ市を中心に福祉施設・教育施設・一般公演などを行う。2001年6月・10月、2002年4月に韓国で公演。
2004年5月にはニューヨークにて一般公演の他、グラウンド・ゼロで平和を祈念した演奏を行っている。
2005年2月に、タイのカ ンチャナブリでの追悼演奏、孤児院、モン族の寺院、小学校などで演奏。
2006年4月公開の『ガイアシンフォニ-第6番』の「虚空の音」の章に出演。
2007年10月、2008年5月、6月に、ニューヨーク・サンフランシスコ・ロサンゼルスにて、学校、寺院、障害児や癌患者のための演奏などの他、聖地シャスタ山、セドナにて奉納。また日本各地の神社・寺・教会・遺跡などで奉納演奏を行う他、音楽活動とは別に、写真や書による個展も 開いている。www.narayuji.com


9/27(火)Santa Barbara at Center of the Heart 6:30pm - 10:00pm
 前売り$25 , 当日$30
 Center of the Heart : 487 N. Turnpike Road, Santa Barbara
  www.centeroftheheart.com

9/28(水)Spirit Pine Sanctuary at Los Olivos 5:00pm - 8:00pm
   チケット $20 ($30 奈良カレー付)
   Spirit Pine Sanctuary : Los Olivos, CA
http://www.bridgecraft.net/uploads/2/6/0/2/2602513/brochure_bettys_finalsm-1.pdf


奈良さんオフィシャルサイト
http://www.narayuji.com/ 
奈良さんの対談
http://www.spiritualvoyagers.jp/interview_vol009.html 

ガイヤシンフォニーⅥの予告編
http://www.youtube.com/watch?v=NkNbxFnWpT8&feature=related

奈良さんと赤ちゃんとの愛らしい映像
http://www.youtube.com/watch?v=w9KGWk3e160&feature=player_embedded
[PR]

# by surfmama | 2011-09-27 23:49 | ミュージック

鼻血、バイバイ

いや~、「行」中はいろいろなその人のカルマが出ると言われましたが、
e0133318_19343328.jpg

「行」3分の一終わったあたりで突然の鼻血。
一回目は私のお誕生会中に。
30分以上も止まらなかったので、ケーキを食べるのが少しおあずけに。

二回目は2日後。 私のお誕生日の朝、寝ているときに出始まって、
一時間以上も止まらなかったので、急遽上の娘にERに連れて行ってもらう。
いや~、「行」中だったので、お経と瞑想の絶妙なコンビネーションのおかげで、
心は落ち込んだりするどころか、スーパー ハイでしたが、
血圧、一気に下がり、気絶。
どのくらい意識を失っていたのか...
誕生日が死ぬ日なのか~と、思ってしまったぐらい。

目を開けたとき、気絶をする前と同じ場所にいたので、
まだ、あちら側に行かずに、こちら側にいることを確認。
2010年、3月1日、お誕生日は同室の100歳のおばあちゃんと過ごさせていただきました。
たくさんの人たちにケアしていただいて、今までに味わったことも無いお誕生日、経験させていただきました。

それからというもの、ほぼ毎日鼻血な日々。
いつ出始まって、いつ止まるのかもわからず、
「自行」だけは病院のベッドの上でも、毎日なんとかやっていましたが、
貧血です。
疲れます。
これじゃあ、仕事になりません。

あまりの鼻血の多さに、手術を決意。
4月22日、無事?手術が終わり、その日を境に鼻血バイバイ。
でも、その日を境に、一日中鼻水。
何も匂いしないし、味もしない。
麻酔きいちゃって、朝一で手術したっちゅのに、リカバリールーム出るのが一番後。
その後、頭痛持ちに。
そして、アレルギーなのか風邪を引いてしまったのか、
鼻がひっきりなしにでている。
ここ一週間は蕁麻疹も出たり引っ込んだりしているし、
古い細胞が新しい細胞に押し出され、
身体が浄化されているのかな~?
何かが、私の体の中の何かが変わりつつあります。

あの誕生日の日を境に、すべてが変わってしまいました。
私、生まれ変わっちゃったのかな?
身体は今、そんな状態ですが、
お陰様で、心の方はいたって平穏、保っています。
[PR]

# by surfmama | 2010-04-30 19:36 | 健康

4月18日 晴天

2010年4月18日
e0133318_1953597.jpg

高野山真言宗米国別院にて「得度式」受けて、
正式に仏の子、となりました。
これからいっぱい、仏教勉強したいのに、
体力、ついていけるかな~?
[PR]

# by surfmama | 2010-04-18 19:42 | 真言密教

最近心に決めたこと

お陰様で、ここ一年、楽しくて毎週末通わせていただきました。お寺!

そして去年の暮からはじめた100日の「行」も三分の一を終え、決心したこと。
それは…100日たっても「行」を、やめずに、もっともっと仏の教えを学んで、その教えを実践し、周りの人たちに伝えていく。
それを一生続けていく…

そうです。決心したのは…お坊さんになること。
あ、私は女だから尼さん?になることに決めたんです。
e0133318_015883.jpg


母にも子ども達にも話しました。
今、仏の子になるための「得度式」に着る衣を用意中です。

まずはあの分厚い経典のお経を覚えるところからですが、
今から2~3年はかかるでしょうか?
それから本格的な「加行」に入るようです。
e0133318_0155697.jpg


その頃には一番下の息子も高校を卒業して、本人、日本の大学に行きたいそうですが、
一応私の子育ても一区切り。丁度いい時期が来るのかもしれませんね。
後は自然に任せて…

Love,
Michiyo

[PR]

# by surfmama | 2010-02-01 00:16 | 宗教

Micael Jackson's "This is it"


きょう友達とマイケル ジャクソンの"This is it"見て来ました。
映画の中の生き生きとリハーサルをしているマイケルを見ていたら、
今でも何処か私たちの近くに隠れているのではないかという錯覚に陥りました。
だってあの最後のリサイタルの次の日に彼がお空に行ってしまったなんて思えないぐらい、
元気いっぱいでした。
e0133318_13424458.jpg

そして、またまた彼の世界のすべての人々を愛する気持ちをひしひしと感じ、涙が溢れました。
マイケル、本当にたくさんの愛をありがとう。
彼のsensitivityさを、うたに、ダンスにいっぱい感じました。
また、見に行きたい。
今度は子ども達と一緒に見に行こうかな~
[PR]

# by surfmama | 2009-11-12 13:40 | ミュージック